神木優ソロエンターテイメント「MOMOTARO」番外公演

「桃太郎一人芝居脚本コンテスト」

supported by RICOH




最優秀賞には賞金10万円!?

桃太郎俳優®︎・神木優が

一般公募の一人芝居脚本を上演!


1年間で東京23区全区公演や、6時間耐久ひとり寄席、90分23役の一人芝居など、斬新な企画を打ち出してきた桃太郎俳優の神木優が挑む次なる企画は一人芝居脚本コンテスト!

10分程度の脚本を一般に募集し、審査委員会で選ばれた作品(4〜5作品を予定)を当日上演。
審査するのは、当日会場にいらしたお客さま。
獲得点数が高い最優秀作品には、賞金10万円!
さらには、次回神木優の「MOMOTARO」公演での上演権獲得。







応募期間2ヶ月半、メールで66作品、郵送で4作品、合計70作品の応募のうち、上演5作品が決定いたしました。


「懲りない家族、命長ければ辱多し」 温泉川誠流

「第一印象」 稲田侑太

「復讐の鬼」 太田守信

「桃太郎あせる」 花田幸久

「桃太郎の憂鬱」 新澤公康


※敬称略

※公演当日の順番ではございません



たくさんのご応募、本当にありがとうございました。







神木優ソロエンターテイメント「MOMOTARO」番外公演

「桃太郎一人芝居脚本コンテスト」supported by RICOH


○開催日時○

2019年12月13日(金) 19時開演

※1回公演、18時半開場予定



○上演作品○

「懲りない家族、命長ければ辱多し」 温泉川誠流

「第一印象」 稲田侑太

「復讐の鬼」 太田守信

「桃太郎あせる」 花田幸久

「桃太郎の憂鬱」 新澤公康

神木優オリジナル作品(審査対象外)

※公演当日の順番ではございません



○審査方法○

上演後、ゲスト審査員とご来場のお客様による投票



○出演○

神木優



○MC○

大野ひろみ

プロフィールは下記参照



○ゲスト審査員○

菅野臣太朗(脚本・演出家)

前田直樹(映画監督)

茂本ヒデキチ(墨絵イラストレーター)

神田山緑(講談師)

小松成美(作家)

島口哲朗(サムライアーティスト)

けみ芥見(芸術家)

誉田哲朗(イラストレーター)

桃太郎JEANS(JAPAN BLUE Co., Ltd)

プロフィールは下記参照



○タイトルロゴ○

JAKe川口






○チケット料金○

3,000円(前売)

3,500円(当日)

全席自由席(一部指定席あり)



○チケット販売○

https://www.quartet-online.net/ticket/momo-1



○問い合わせ○

神木優事務局

080-7801-7627

office@yuhkamiki.com



○企画・制作○

POLLUX ・ yuh KAMIKI








MC 大野ひろみ

2009年役者として芸能活動スタート。
2015年フリーランスとなり、役者に加えて司会、ラジオ、レポーター、モデルなど幅広いジャンルで活動を再スタート。
2019年初めての個展を開催。「オーノ画伯展」では、口が二つあるとざわつかれる鳥のイラストや、名画の模写などの作品を展示。
埼玉新聞、yahoo!ニュース、LINEニュースなどに取り上げられる。
エフエム茶笛「やばせ一郎と大野ひろみの元気が出るラジオ」でのレギュラー出演や、「ソナーポケット10th Anniversaryの」や「肉フェスさいたま新都心」「岩槻映画祭」の総合司会など、MCとしても定評がある。


審査委員長 菅野臣太朗(脚本・演出家)

‘74年長野県松本市生まれ。
株式会社ブルーエール所属。
「人間の可笑しさや生きる力をテイストとした笑いながら泣ける人間ドラマ」 を中心に脚本・演出家として活動する。
日本の47都道府県を演劇にする舞台「バッキャロー」シリーズ、多種多様の「家族」をテーマにしたコメディ「FAMILY」シリーズ、LIVEハウスでLIVEハウス設定の2人芝居を全国展開させる演劇ユニット「ながれぼし」などオリジナル作品を中心に、漫画・アニメ・ゲーム原作舞台の脚本・演出も手掛ける。
演劇だけでなく、東京ゲームショーなどの企業展示会、音楽LIVEやアイドルグループのホールコンサート、シャンソンや声優ディナーショー、池袋サンシャイン水族館アシカショーなどの演出多数。


前田直樹(映画監督)

TV-CMの制作進行として、キャリアをスタート。
演出を志し、渡英。
英国滞在時に監督した短編映画『Needlewood Antiques』をきっかけに、商業監督デビュー。
英国滞在4年ののち帰国し、映画制作を続ける傍、日本語&英語のバイリンガルディレクターとして、TV番組、CM、企業VP、MVなど幅広い分野で活動を開始。
映画監督作は、小津安二郎記念蓼科高原映画祭2008 グランプリ受賞ほか、国内外の国際映画祭にて入賞・入選多数。
長編映画『マリッジカウンセラー(仮)』(主演:杉本哲太、松本若菜)の撮影を2020年春に控えている。


茂本ヒデキチ(墨絵イラストレーター)

1957年愛媛松山生まれ、大阪芸術大学デザイン科卒業。
デザイナーを経てフリーイラストレーターに。
日本の画材『墨』によるドローイングを得意としそのスピード感あるタッチで、ミュージシャン、黒人、アスリート等、既存の墨絵では描かれなかったモチーフを取り入れたその独特な墨作品は日本国内はもとよりNYでも話題を呼び、海外からのオファーも多い。
また同時に、個展やイベント会場でその場で墨絵を仕上げるライブペイントを展開。
短時間で数枚同時に描くスタイルを確立。
さらにミュージシャンやパフォーマーとのコラボレーションを試み、よりクオリティの高いライブペイントを目指している。
店舗や寺院等の壁画も依頼され各地に墨絵を残している。
2008年北京に続き、2012年はロンドンにてオリンピック開幕前にアスリート達の前でライブペイント実行、好評を得る。
早川書房より 初画集『NEO BLACK』刊行
公式ウェブサイト:http://www.hidekichi.com/top.html


神田山緑(講談師)

中央区日本橋人形町出身。
2005年 講談師・神田すみれに入門。
2018年3月 真打昇進。
2014年東京オリンピックに向け講談ゴリンジャーを結成。
同年、中野区観光大使就任。
全国で公演を行うだけでなく、BSジャパン「土曜は寅さん」のナレーションや、ロス・プリモスの専属司会など、幅広く活動。
また、2011年に設立し、現在最多生徒数を誇る一般社団法人日本話道家協会(講談教室)では、理事長を務める。
NHK文化センター講師、東洋大学、清泉女子大学特別講師としても活躍。
2018年『講談で身につくビジネスに役立つ話術の極意』を上梓。
公式ウェブサイトhttp://koudanshi.com


小松成美(作家)

神奈川県横浜市生まれ。
専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。
放送局勤務などを経たのち、作家に転身。
生涯を賭けて情熱を注ぐ「使命ある仕事」と信じ、1990年より本格的な執筆活動を開始する。
真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。
主な作品に、『アストリット・キルヒヘア ビートルズが愛した女』『中田語録』『中田英寿 鼓動』『中田英寿 誇り』『イチロー・オン・イチロー』『和を継ぐものたち』『トップアスリート』『勘三郎、荒ぶる』『YOSHIKI/佳樹』『なぜあの時あきらめなかったのか』『横綱白鵬 試練の山を越えてはるかなる頂へ』『全身女優 森光子』『仁左衛門恋し』『熱狂宣言』『五郎丸日記』『それってキセキ GReeeeNの物語』などがある。
最新刊『M 愛すべき人がいて』は、16万部突破のベストセラーに。
2014年9月、高知県観光特使に就任。
現在、執筆活動をはじめ、テレビ番組でのコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。
公式ウェブサイトhttps://narumi-komatsu.themedia.jp/


島口哲朗(サムライアーティスト)

1970/5/13 埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部映画学科卒業。
歌舞伎などの舞台で経験を積んだ後、1998 年『剱伎衆かむゐ』を創設、主宰を務める。
形式美と芝居と武術を融合したサムライアーティスト。
主な俳優活動として、Q・タランティーノ監督映画『KILL BILL vol.1』では 出演(CRAZY88-“MIKI”役)&殺陣指導・振付(雪の庭の決闘などの日本パート)。
J.F.ケネディーセンターをはじめとする KAMUI アメリカ公演、イタリア国立ペルゴラ劇場公演や ヴェッキオ宮殿での演舞、ロシア国立エルミタージュ美術館公演などのヨーロッパツアー、 アルマーニホテルドバイ、ブルーノートなどでのディナーショー、短編映画主演など多岐にわたる。
2012 年、独自の SAMURAI 道場『剱伎道』を創設。
日本、イタリア、ポーランド、アメリカ、リトアニアなどで道場を展開中。
2018 年 10 月イタリアフィレンツェにて、日本人初の文化芸術賞を受賞。
日本文化・芸術としての「SAMURAI」を世界に発信し続けている。
公式ウェブサイトhttp://www.samurai-kamui.com


けみ芥見(芸術家)

岐阜県岐阜市生まれ。
芸術家の母の下、絵画、陶芸などに触れて育つ。
2012年より本格的な芸術活動を開始。
自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ、自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。
同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。
美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティストの一人。
2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。
モンテカルロTVで「新しいジャポニスムの到来」と紹介された。
2016年春、着物ブランドAKITSUを設立。
日本の伝統衣装着物を海外向けに簡略させた「KIMONO」を発信、ロンドンのフェローチェマガジンに取り上げられヨーロッパで注目される。
またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘するDAC(Desire Art Company)をスタート。
同年12月に “DAC展”を東京池袋で開催し、合計105万円、翌年は130万円を障がい児の家族に奨学金として送金。
様々なメディアに取り上げられ、DACの全国展開に挑戦中。
公式ウェブサイトhttps://chemiakutami.com/


誉田哲朗(日本イラストレーション協会代表理事)

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒。
化成メーカー/行政系出版を経て1994年独立。
商品企画/広告制作など、様々なグラフィック制作の現場を経て現在に至る。
2011年、イラストレーターとして参加したサントリー天然水/Web広告キャンペーンにて電通賞、ADFEST GoldPrize 他、国内外受賞多数。
( https://youtu.be/iDkmWRy10EY )
また、Urban Sketcher’s Japanのメンバーとして、定期的にスケッチで国内外のクリエイターとの交流を行なっている。
2012年、NHK Eテレの「デッサンあ」のコーナーに出演。
現在、協同組合日本イラストレーション協会/代表理事。 
2015年より、神話を中心にした表現で日本文化をライブペイント/作品として制作。
インスタグラムでは日本中の神社仏閣、国宝、重要文化財を見て歩いた記録を公開している。
神社検定3級所持。
インスタグラムhttps://www.instagram.com/scipdd/


桃太郎JEANS(JAPAN BLUE Co.,Ltd)

「桃太郎」と言えば「岡山」
「岡山」と言えば「桃太郎」
今やジーンズの聖地と言われる倉敷市児島。
この小さな町から世界No.1ブランドを目指して2006年に誕生したのが「桃太郎ジーンズ」です。
ジーンズ(道具)を通して、人生や生活、心がより豊になるように、桃太郎ジーンズは単なる流行を追及するのではなく、末永く愛されるリアルクロージングブランドとして、デニムそのものを理解し、デニムの「青」にこだわり、「青」を追及しています。
大人になっても楽しめるカジュアルライフの本物の「道具」としてのジーンズを提供していきます。
※公式ウェブサイトより
公式ウェブサイトhttps://www.momotarojeans.com/





出演


神木 優(かみき・ゆう)

1981年生まれ、大阪府出身
俳優、桃太郎研究家、やまなし大使、桃太郎大使(おかやま桃太郎の会公認)
御伽噺「桃太郎」を研究し、エンターテイメントにもビジネスにも取り入れて活動する、日本で唯一無二のスタイルを取るエンターテイナー。
日本全国公演はもちろん、アメリカやオーストラリアでの公演も成功を収めている。
あらゆるジャンルの方々とのコラボレーション公演や、90分一人芝居、6時間耐久ひとり寄席など、新しい形のエンターテイメントを創作している。
落語は五明樓玉の輔師匠や、金原亭世之介師匠に稽古をつけてもらい、浅草東洋館などでも披露する実力派。
2018年には、初めての著書「きびだんごの法則」を出版し、八重洲ブックセンターにて、ビジネス書ベストセラーランキング2位を記録した。
斬新な切り口が評判で、多数の企業で講演も行なっている。
また、元マジシャンでもあり、調理師免許、WEB解析士、タイ検定、富士山検定を始め、40以上の資格を保持する資格好きでもある。






MOMOTARO SPOT


コント「桃太郎を待ちながら」

一人芝居「職業・桃太郎」

一人芝居「敵討ち」

コント「鬼の爆弾」

インタビューPV

シアトル公演メイキング

「じもとぴ」

「みなしんワイド」